Wedding/AKAGANE RESORTは、大正時代に贅を尽くして建てられた歴史的建造物で、ウエディングの理想を集めたプライベートリゾートです。

高台寺 極 -KIWAMI-

撮影スポット満載のAKAGANE RESORT更新:2014年3月10日 12:00 PM

みなさまこんにちは!

最近は寒さも少しずつ緩んできたように思いますが
みなさまいかがお過ごしですか?
さて今回はスタッフの吉村から、
AKAGANE RESORT自慢のお写真スポットをご紹介致します。
埼玉からお越しくださったお着物姿の
美男美女の素敵なご夫婦のお客様にご協力をいただきましたー!
まずはエントランスです。
ブログ用①
AKAGANEの門にてまずは一枚。
伝統的建造物群保存地区ということもあり、
京都の風情漂うエントランスには
お着物姿が映えますね!
門を入ったところでもう一枚。
ブログ用②
本館へお進みいただくと西陣織の天井画が
お出迎えです。京都を表現したくじゃくの天井画です。
下から見上げるようにして撮影するのがポイントです!
ブログ用③
続いてお庭へ。
ブログ用④
700坪の敷地に広がるお庭にも撮影スポットがたくさんあります。
この写真ではわかりにくいですが
実はお庭から八坂の塔が見えるんです。
ちょうどこの橋の辺りからご覧いただけますよ。
お庭から撮った本館です。
ブログ用⑤
3階建ての1階部分には
カウンター席のレストラン「高台寺 極」がございます。
お庭を通って来ないと入れない大人の隠れ家です。
最後に、個室の貴賓室へ。
ブログ用⑥
このお部屋は当時のまま内装をほとんど変えておりません。
ステンドグラスやマントルピースが特徴的です。
こちらのお部屋では貸切の誕生日のお食事会や
お顔合わせのご利用が大変人気です。
AKAGANEのカフェ、レストランにお越しの際は
お食事の後、ご希望があれば
館内やお庭をスタッフがご案内させていただきます。
ぜひおすすめの撮影スポットでのお写真もお撮りさせていただきますので
ご遠慮なくお申し付けくださいませ。
お気に入りの一枚になりますようお手伝いさせていただけますと幸いです!
 
最後に撮影にご協力くださったお客様へ・・・
お忙しい中、撮影のご協力をいただき、
誠にありがとうございました。
「スタッフの愛情のこもった最高のお店」
という温かいお言葉とても嬉しかったです。
ぜひまた京都へお越しの際は
お気軽にお立ち寄りくださいませ。
スタッフ一同お待ちしております。
 
それでは、みなさまにお会いできますのを
AKAGANE RESORTにてお待ちしております!

お客様をお迎えする西陣織更新:2014年2月10日 6:09 PM

ブログをご覧いただきありがとうございます。

アカガネリゾートスタッフの小倉と申します。

今回は、AKAGANE RESORT KYOTO HIGASHIYAMA1925の

今回は、館内の装飾についてご紹介いたします!

AKAGANE RESORTでは豪華な西陣織を施している場所がいくつかございます。
そのなかからいくつかご紹介いたします。

一ヶ所目は、玄関天井。

021
こちらには二羽孔雀、京都東山や鴨川をイメージした川や牡丹、

桜の花が描かれています。

AKAGANE RESORTはウエディング会場としてもご利用いただいており、

「歳月をかけ、熟成する夫婦の仲」の象徴として二羽の西陣織の孔雀が皆様をお出迎えいたします。

022

二ヶ所目は、目の前でシェフが料理を仕上げる贅沢な空間である

シェフズカウンター高台寺 極―KIWAMI-内です。

こちらでも美しい西陣織をご覧いただくことができます。

203

カウンターの背後やイスの背面のひとつひとつにも西陣織の草木、蝶、蛙などが描かれております。

以上のような当店の装飾を手がけられたのはキモノデザイナーの斉藤上太郎氏です。

現代空間にマッチするファッションとしてのキモノを追求され、

メディアでも頻繁に紹介される注目のキモノデザイナーとして活躍されています。

お食事はもちろんですが、当店は歴史や芸術もお楽しみいただける空間でございます。

ご来店された際は、是非装飾にもご注目くださいませ。

至極のフレンチ 高台寺 極-KIWAMI-更新:2014年1月20日 6:09 PM

 こんにちは。
寒い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
今回スタッフブログを担当させていただきますのは
高台寺 極 -KIWAMI- 、サービススタッフ初田です。
AKAGANE RESORTには現在3軒のレストランがあり、
うちひとつがシェフズカウンターでお料理を提供しているのが、
この高台寺 極 -KIWAMI- です。
この「カウンター」、どうも日本独特の文化らしく、外国からのお客様
には大変喜ばれます。
もちろん、欧米にもバーカウンターや
レストランのウェイティングバーは存在するのですが、
眼の前で料理が完成するのを垣間見られ、
本来厨房の中にいるはずのシェフとの会話を楽しみながら舌鼓を打つ。
 210
もう10年以上前の話になるでしょうか、
当時フランス最高峰の料理人「かまどの前のボナパルト」と呼ばれた、
ジョエル=ロビュションが来日した際に、
銀座の寿司店「すきやばし次郎」に立ち寄りました。
ロビュションは、この店の料理に、また日本のカウンターというスタイルに
大変感銘し、本人曰く衝撃的とさえ言われるほどの体験をしたそうです。
 繰り広げられる鮮やかな包丁さばき、
料理長との会話、
香ばしい焼物の薫り、
何よりも、眼の前のお客様との距離感によって
フレシキブルに料理が変わっていく。
ボリュームしかり、味付けしかり、、、
 後にジョエル=ロビュションはカウンターのレストランを新たにオープンし、
銀座の「すきやばし次郎」は東京ミシュランが発刊の際には、
見事三ツ星を獲得されました。
 京都、高台寺 極 -KIWAMI- はカウンター11席のみの空間です。
 料理は洗練されたフランス料理の技法を基に、
「日本の感性」を豊かに配した設え、
そして京都ならではの「おもてなし」の心を持ってお客様をお迎えしています。
和魂洋才、ここに極まれり。
高台寺 極 -KIWAMI- 。
ここには、五感をフルに活かして、食事を愉しむ時間が流れています。
_MG_9571
シェフの渾身の一皿と
とっておきのワインと空間をご用意して
皆様のご来店をお待ちしております。

カレンダー
2019年7月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の投稿

Copyright © Value Management Inc. All rights reserved.