高台寺 極-KIWAMI-

Concept/お客様とシェフの「食」への飽くなき欲求を満たし、極めるために

AKAGANE RESORTの緑豊かな庭を通り向かう、11席限定のプレミアム空間。それが、シェフズテーブル 高台寺 極-KIWAMI-です。

写真

一歩足を踏み入れると、そこはまさに大人の隠れ家。京都出身のキモノデザイナーJotaro Saitoによる西陣織が椅子の背と壁一面に飾られ、特別な空間を演出します。そしてすぐ目の前にはキッチンカウンターが。驚きに満ちた、至極のディナーの始まりです。

写真

ご提供するのは伝統的なフレンチの技法をもとに、和のアレンジを随所に施した、この日のためのフルコース。食材や調理法など、希望を事前にお伺いして、この世に一皿の料理をご用意することも。繰り広げられる匠の技、シェフとの会話を愉しみながら舌鼓をうつ贅沢な時間を、高台寺 極-KIWAMI-でお過ごしください。

写真

Menu/本日おすすめの食材を、お気に召すまま

◆ 思いがけない夜の訪れ。~ある日のメニュー~ ◆

極-KIWAMI-のメニューは、季節の逸品とお客様のご要望、そしてシェフの創意によって生み出されています。
オーダーメイド、今宵だけの大切な時間を、ご予算等にあわせてお愉しみください。

 

※コースのご用意は15,000円(税金・サービス料別)から承ります。
※別途税金、サービス料10%頂戴しております。
※希望の食材などご予約時にお申し付けくださいませ。

 

極-KIWAMI- プレミアムメニュー ¥15,000~薫風・風薫る季節に~】 

 

<メニューの一例>

■蛍烏賊と椎茸 チョリソとパプリカ のエッセンス
■桜鱒の軽い燻製とホワイトアスパラガスのエスプーマ キャビアを添えて
■北海道産帆立貝柱の炙りと春キャベツのフラン コンソメスープを注いで
■オマール海老と春野菜のブレゼ 甲殻類の軽やかなジュ   
■甘鯛の鱗焼きとインカの目覚めのミロワール 山菜の薫り
■お口直しのグラニテ
■黒毛和牛フィレ肉の低温キュイ 京野菜と西洋山葵のソース
■桜餡を使ったクレームダンジュと道明寺のリ・オレ   ~桜の香る一皿~

■食後のお茶菓子 お飲み物と共に

 

極-KIWAMI- オート クチュール ¥20,000】

 旬の食材にシェフの創意が纏うフルコース
 

極-KIWAMI- コレクション   ¥25,000】

季節の厳選食材へのグレードアップフルコース

 

 

◆ 料理とワインのペアリング・ツアー 8Glass  ¥7,500(税金サービス料別) ◆

「ペアリング」とは、幾皿もコースで供される料理の数々に

相性のよいワインを伴わせた近年のワインの愉しみ方。

極-KIWAMI-では一皿一皿にマリアージュさせたワインを

8杯グラスワインにてご用意(ワングラス0.75cl)

極-KIWAMI-のコンセプトに添って、料理が「お客様だけのオリジナル」

であるところから、チョイスするワインもお客様に合わせてお勧めいたします。

 

グラスワインラインナップ一例 (ペアリング8種をお勧めいたします。)

 

<シャンパーニュ>

・キュヴェ ドン・ペリニィヨン

・ネクターアンぺリアル ロゼ モエ・エ・シャンドン

 

<白ワイン>

・ゲヴルツトラミネール アルザス 2015 (リチュレ)

・ブルゴーニュ ”ピノ・ブーロ” 2014(ドメーヌ シモン・ビーズ)

・ラメッレ イル ボッロ シャルドネ  2015 (トスカーナ/フェラガモ ファミリー)

・マコン ラ・フール  2015 (エりィティエ コント・ラフォン)

・リースリング キュヴェ・フレデリック エミール2007 (トリンバッハ)

 

<清酒>

MASUIZUMI 2015 純米大吟醸

 

<赤ワイン>

・シャトー・ド・ペズ 2010 (ボルドー サン・テステフ)

・ブルゴーニュ ピノ・ファン 2013 (シャンテ パンショ)

・カ マルカンダ プロミス 2015 (トスカーナ)

・セルピコ 2013 

・チニャーレ 2015 (トスカーナ)

 

<デザートワイン>

・ボンヌゾー メルレス 2002 (ルネ・ルノー)

・イドロメル 蜂蜜酒

 

上記2019年02月現在のラインナップ

ハーフグラス 0,75cl × 8杯 7,500円 にてご提供しております。

 

 

◆ 極-KIWAMI-に秘められた物語 ◆

AKAGANE RESORTには現在3軒のレストランがあります。
うちひとつがシェフズカウンター、高台寺 極 -KIWAMI- です。

この「カウンター」、どうも日本独特の文化らしく、外国からのお客様には大変喜ばれます。
もちろん、欧米にもバーカウンターやレストランのウェイティングバーは存在するのですが、
眼の前で料理が完成するのを垣間見られ、本来厨房の中にいるはずのシェフとの会話を
楽しみながら舌鼓を打つ。

繰り広げられる鮮やかな包丁さばき、料理長との会話、香ばしい焼物の薫り、何よりも、
眼の前のお客様との距離感によってフレシキブルに料理が変わっていく。ボリュームしかり、味付けしかり、、、

京都、高台寺 極 -KIWAMI- はカウンター11席のみの空間です。
料理は洗練されたフランス料理の技法を基に、「日本の感性」を豊かに配した設え、
そして京都ならではの「おもてなし」の心を持ってお客様をお迎えしています。

和魂洋才、ここに極まれり。
高台寺 極 -KIWAMI- 。ここには、五感をフルに活かして、食事を愉しむ時間が流れています。

 

ご予約・お問い合わせ

  • ご予約はこちら
  • お問合せフォーム
  • ご予約はこちら
  • お問合せフォーム

Copyright © Value Management Inc. All rights reserved.